会社が合わないと感じたら職場を変えるべき?転職を考えるときの判断基準

社会人とは切っても切れない関係にある会社。ただし規模や社風はそれぞれ異なるため、自分とは合わないと感じて、ストレスを抱えてしまう人も少なくありません。この記事では仕事を辞めるかどうかの判断方法や、その他の対処方法について紹介していきます。

会社が合わないと思った時に考えること

会社が合わないと思った時に考えたいことは次の通りです。

  • 合わないと感じた原因を探る
  • 合わない理由を細分化する

以下にて解説します。

合わないと感じた原因を探る

会社が合わないと感じたらその原因を探りましょう。原因を探らずに転職すると同じことを繰り返してしまうためです。

合わないと感じる原因が複数ある場合は、メモに書き出すなどして全てを把握しておきます。全てを書き出したら類似する内容を消して、それぞれの理由を細分化しましょう。

合わない理由を細分化する

会社と合わない理由を細分化することで、元となる合わない原因が明確になるため、次の転職先を探す際などに活かせます。

たとえば「職場が合わない」と感じた場合は次のように細分化してみましょう。

職場が合わない→ノリが合わない→年齢の差が大きい→職場の平均年齢が低すぎる

合わない理由に対して「なぜ?」を続けて理由を明確にしていくことが大切です。

会社が合わないと感じるよくある理由8選

会社が合わないと感じるよくある理由は次の通りです。

  • 社風が合わない
  • 仕事内容が合わない
  • 人間関係が合わない
  • 適切な評価が得られない
  • 自身の思い描くキャリアを築けない
  • 自分がやりたい仕事ではない
  • 給与が見合わない
  • 労働環境が合わない

こういった理由から会社と合わないと感じ、転職などを考える人は多いです。

以下では、各理由の詳細と対処法を解説します。

社風が合わない

社風が合わないと、日頃の業務や経営陣の考えなどに対して常に懐疑的な状態になるため、ストレスが溜まりやすく、高いパフォーマンスも発揮できません。

とくに、ベンチャーから大手、大手からベンチャーに転職した際などに「社風が合わない」と感じることは多いです。社風は、自分が声を上げたところですぐに変わるものではないため、我慢が難しい場合は早めに転職しましょう。

仕事内容が合わない

自分の能力と仕事内容が合っていないと感じる場合も、パフォーマンスに悪影響が出ます。

たとえば経験が浅い分野で難易度の高い仕事ばかり振られたり、逆に軽すぎる仕事しか割り当てられないといった状況では、仕事への熱意が失われがちです。

仕事の内容について日常的に違和感がある場合は、自分の能力や仕事について見つめ直してみましょう。

人間関係が合わない

人間関係が合わない職場で働くとストレスが多く、毎日の業務が苦痛に感じます。しかし、人間関係の問題はどの会社でも生じるため、すぐに転職を決めてしまうのは避けたいところです。

たとえば「周りを無視して仕事に没頭する」「苦手意識のある人とあえて飲みに行ってみる」など、独自の処世術を模索することで今後のキャリアに活かせます。

また、会社内の人間関係は異動や退職などにより流動的に変わっていくため、時間が解決してくれるというケースもあります。

人間関係に関する問題は結論を急がず、一度立ち止まって熟考することが大切です。

適切な評価が得られない

適切な評価が得られず、合わないと悩む人も多いです。国内では、まだまだ年功序列制度の名残りがある企業が数多く存在しています。実際、形式的に成果主義を謳っている企業でも「20代〜30代の給与が低い」というケースは多いです。

このように、評価制度は入社してみないと分からない側面があるため、事前に把握しておきたい人は入念なリサーチが必要です。どうしても失敗したくないという人は、評価制度や社風など、社内の情報を熟知している転職エージェントに相談しましょう。

自身の思い描くキャリアを築けない

自身の思い描くキャリアを築けない環境であることに不満を覚え、転職や異動を考える人も多いです。

たとえば「上司を見ても自分の将来像がイメージできない」「今の仕事が今後のキャリアにつながるイメージができない」といったケースが考えられます。

キャリア構築のイメージができないと将来に不安が生まれるため、普段の仕事も手に付かなくなってしまいます。

この場合の対処法は次の2つです。

  • キャリアプランを現職に合わせて再設計する
  • キャリアプランに合った会社を探す

キャリアプランの再設計や、思い描くキャリアに合った会社を探したい場合は、キャリアアドバイザーの側面ももつ転職エージェントに相談してみるとよいでしょう。

自分がやりたい仕事ではない

自分が理想とする仕事と、実際の仕事とのギャップが気になることも少なくありません。このようなケースでは仕事への興味が失われ、モチベーションを維持することが困難です。

今の仕事に疑問を感じている場合、それが本当にやりたい仕事なのかどうか、冷静になって考えてみましょう。

給料が見合わない

給料が合わないと将来的な不安や会社への不満が生じます。目指しているポジションにいる上司の給料を聞いて「少なすぎて驚いた」という人もいるかもしれません。

会社の給料が低い理由は、次のような点にあります。

  • 斜陽産業で会社の売上が落ちている
  • ビジネスモデルが悪く利益が低い
  • 会社自体が若く十分な利益を得られていない

所属している会社が斜陽産業である場合や、ビジネスモデルが悪い場合は早めの転職を検討したほうがよいです。会社自体が若く、十分な利益を得られていない場合は、今後大きく伸びる可能性があります。

会社に伸びしろがあるかどうかは、ビジネスモデルや経営陣の動き方をみて判断しましょう。

労働環境が合わない

長時間労働が当たり前になっている、サービス残業をさせられるなど、労働環境が原因で会社が合わないと感じる人も大勢います。

劣悪な労働環境は仕事の効率にも、労働者の心身にも悪影響を与えるものです。このまま働き続けるべきか、真剣に検討すべきでしょう。

合わない会社で無理をすると起こるトラブルとは

合わない会社で無理をすると次のようなトラブルが起きます。

  • 働くことでモチベーションが下がる
  • ストレスがたまることで心身に不調がでる
  • 成果が出せずにますます評価に不満がでる

以下にて見ていきましょう。

働くことへのモチベーションが下がる

会社と合わないと感じながら働くことはモチベーションの低下につながります。モチベーションが低下すると、業務に対するパフォーマンスも落ちるため、満足のできる仕事ができなくなるでしょう。

さらにパフォーマンスが落ちると「自分は仕事ができない」と思い込むようになり自己肯定感も低くなります。自分と合わない会社で働くと、こういった負のスパイラルにはまり込んでしまうリスクがあります。

ストレスがたまることで心身に不調がでる

ストレスがたまり、発散できずにいると心身に不調がでます。不調を引きずったまま仕事をすると結果も出ないため、最悪の場合、鬱状態になることもあるでしょう。

自分自身の体より大切なものはありません。心身に不調がでた場合はすぐにでも転職を検討してください。周りに相談する人がいない場合は、転職エージェントに現状を打ち明けてみましょう。

成果が出せずにますます評価に不満がでる

会社への不満や将来的な不安を抱えている状態ではモチベーションが上がらないため、なかなか成果に結び付かなくなります。すると評価にも不満が出るため、懐疑的な考えがより強くなるでしょう。

自分と合わない会社で無理をするとさまざまなトラブルが起きます。

会社を辞めるかどうかの判断基準

会社が合わないと感じたからといって、ただちに「会社(仕事)を辞める」という判断になるとは限りません。ここでは、会社を辞めることを真剣に検討した方が良いケースを3つ紹介します。

心身に異状が出ている場合

仕事や職場のストレスが原因で健康を害したり、精神が不安定な状態になっている場合は要注意です。まずは自分の身を守ることを考えて、仕事を辞めるかどうかを検討しましょう。

将来のビジョンに違和感がある場合

会社が描く将来のビジョンと、自分が目指す将来の理想が食い違う場合、そのまま会社に居ても違和感が大きくなる一方です。早めに見切りを付けて、新しい活躍の場を探した方が良いかもしれません。

将来はCxOで活躍したいと考えている方へ

やりたいことがある場合

会社の仕事とは別に、自分のやりたいことがある(やりたいことが見つかった)場合も、今後の進路について真剣に検討することをおすすめします。

自分に合う会社を見つけるために準備しておくこと

自分に合う会社を見つけるためにしておきたい準備は次の通りです。

  • 自分自身が心地よく働ける環境を考える
  • 自分が「やりたいこと」と「やりたくないこと」を書き出す
  • 自分自身の強みをあたらめて洗い出す

詳しく見ていきましょう。

自分自身が心地よく働ける環境を考える

自分自身が心地よく働ける環境について考えてみましょう。先ほど紹介した、合わない理由を細分化した際の結果がヒントになるはずです。

これまでに勤めてきた会社なども含め、自分が心地よいと感じていた場面を思い浮かべてみてもよいでしょう。理想的なことも含めて全てを書き出し、実現できること、できないことに分けるという方法もあります。

自分が「やりたいこと」と「やりたくないこと」を書き出す

自分がやりたいことと、やりたくないことを書き出してみましょう。業務はもちろん、飲み会、上司との付き合いといった業務外のことも書き出します。

これにより、会社を選ぶ際の優先順位が明確になるため、転職後の後悔を未然に防ぐことが可能です。

自分自身の強みをあらためて洗い出す

自分自身の強みをあらためて洗い出してみましょう。言語化することで、自分でも気付かなかった強みが見えてくることもあります。

仕事をする中で上司や同僚に褒められたこと、これまでの成果などをメモなどに書き出してもよいです。自分の強みが明確になったら「やりたいこと」と「やりたくないこと」を結び付けて会社選びを行いましょう。

会社が合わないときの対処方法

会社が合わないときの対処方法は次の通りです。

  • 部署を異動してみる
  • 独立する
  • 転職する

以下にて解説していきます。

部署を異動してみる

所属している部署の人と合わない場合は、部署の異動により今の不満を解決できる可能性があります。ただし、部署が変わると仕事の内容も変わるため、事前に業務内容などを把握しておくことが大切です。加えて、人間関係などもリサーチしておきましょう。

異動先の部署で任せられる仕事や人が合わなさそうな場合は転職を検討したほうがよいです。

独立する

独立することも手段の一つです。独立すると仕事量や休日などを自分の裁量で決められるため、今抱えている不満を解決できる可能性が高いです。

ただし、独立するためには経営に関する知見や経験が必要になるため容易ではありません。

将来的に独立を考えている人の中でも「今はまだ早いかなぁ」という人もいるでしょう。

これから先に独立を考えている人は、ハイキャリア向け転職サービスを使ったり、CxO人材として働いたりすることで、実践的な経営スキルを身に付けられます。これにより独立を早めることが可能です。

転職する

部署の異動や独立が現実的ではない場合は、転職がおすすめです。会社と合わない状態で仕事を続けると、さまざまなトラブルに巻き込まれ、自身のキャリアを傷付けてしまうリスクもあるでしょう。

また、転職は年齢を重ねると不利になるため、できるだけ早めに判断したほうがよいという側面もあります。「確実に自分に合った会社を選びたい」「会社選びで失敗したくない」という人は、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントと二人三脚で転職を進めることで、失敗のリスクを下げつつ、マッチ度の高い仕事を見つけられます。

まとめ

本記事では「会社に合わない理由」「会社と合わないと感じた時の対処法」などを紹介しました。

会社と合わないことから転職を考える人もいるでしょう。その際は、企業の内情やキャリアの観点から客観的な意見をしてくれる転職エージェントに相談しましょう。

数多くの経営層とつながりをもつBNGパートナーズに相談することで、自分に合った魅力度の高い企業を紹介してもらえます。ハイキャリア求人の紹介も行っているため、興味がある人はまず相談してみましょう。