自己啓発とは?自己啓発のメリットやデメリット、取り組み方法を解説

「自己啓発とは、どのような取り組みを指すのだろうか」

「自己啓発を企業がサポートすることによって、どのようなメリットやデメリットがあるのだろうか」

と気になりませんか。

自己啓発は、従業員自らが成長や能力向上を目指すために行う取り組みのことです。企業が従業員の自己啓発支援を行うことにより、従業員の成長が早くなるなどのメリットがあります。一方でデメリットは、企業が投資した費用に見合っているかが分かりにくいといった点です。

この記事では、自己啓発とは何かについてや、企業が自己啓発を支援するメリットやデメリットについて解説します。

スタートアップのCxO/幹部になって責任に見合う報酬を!

スタートアップのCxO/幹部になって責任に見合う報酬を!

登録者数40,000人突破したBNGエグゼクティブサーチでは、スタートアップのCxO/幹部になって責任と成果に見合った報酬を獲得したキャリアアップ事例をご紹介しています。コンサルタントへ...

自己啓発とは?

自己啓発とは、従業員個人が自らの能力やスキルを向上させ、成長を促進するために行う取り組みや活動のことです。

自己啓発は、個人の自己実現やキャリアの発展を目指す際に重要な役割を果たします。自己啓発を通じて、個人は自己成長の機会を得るだけでなく、組織や社会においてもより価値を提供することができます。

スタートアップのCxO転職の面談とフォローのリアル

スタートアップのCxO転職の面談とフォローのリアル

スタートアップへの幹部転職支援に豊富な実績を持つBNGエグゼクティブサーチでは、スタートアップのCxO/幹部にキャリアアップした方々の豊富な口コミを公開しています。自分のキャリアをベンチャーで活かしたいと思った方は、こちらから!

社員の自己啓発を企業が応援する必要性

企業が社員の自己啓発を応援することは、社員の積極的なスキルアップを後押しする重要な要素となります。変化する市場や技術の中で、社員が常に最新の知識やスキルを身につけていることは、企業の競争力を維持・向上させる上で不可欠です。

自己啓発を支援することで、社員のスキルアップを促し、企業の競争優位性を確保することができます。

あなたの職歴。スタートアップ企業の幹部候補かも

あなたの職歴。スタートアップ企業の幹部候補かも

現在の会社でキャリアを積んできそろ転職したいと思っているそこのあなた、スタートアップ幹部への転職を検討してみませんか?スタートアップのCxO/幹部にキャリアアップした成功者5名の実例から、スタートアップでの成功に必要なスキルや考え方、そして克服すべき課題などを学びましょう!

自己啓発のメリット

自己啓発のメリットは、以下の通りです。

  • 社員の成長を促進できる
  • 社員のモチベーションアップ
  • 従業員満足度の向上
  • 社員の定着
  • 思考力が磨かれるなどの効果がある

それぞれについて解説します。

社員の成長を促進できる

企業が社員の自己啓発を支援することには、社員の成長を促進するメリットがあります。たとえば、社員が自己啓発の機会を提供されることで、新しいスキルや知識を獲得し、業務の能力を向上させることができます。

さらに、会社がさまざまな経済的な支援を行う場合には、自己負担だけではむずかしい勉強にも取り組むことが可能になります。

社員のモチベーションアップ

自己啓発の機会を提供することで、社員は自らの成長やスキルアップに対する意欲が高まります。新しい知識やスキルを身につけることへの興味や喜びがモチベーションを高めます。また、自己啓発支援は、社員が自分自身をよりよい方向に発展させる機会を提供します。自己実現や個人的な目標達成への道が開かれることで、社員のモチベーションが向上します。

従業員満足度の向上

自己啓発支援は、従業員が自己成長を目指すためのサポートを提供します。会社が従業員の成長を支援する姿勢を示すことで、従業員は自己成長への取り組みを前向きに捉え、満足度が高まります。また、自己啓発支援は、組織内での学びや成長を奨励する組織文化を醸成します。従業員が自己啓発に積極的に取り組む姿勢が周囲に波及し、組織全体の満足度や活気が高まります。

社員の定着

自己啓発は社員の定着を促進します。自己啓発支援は、社員のキャリアの発展を後押しする要因となります。たとえば、キャリアパスの明確化やスキルアップの機会が提供されることで、社員は自身のキャリアに対するビジョンをもつことができます。組織が社員のキャリアの発展を支援する姿勢を示すことで、社員は組織に長くとどまる意欲を高めます。また、自己啓発を支援することは、組織文化を強化する一因となります。組織が社員の成長や学びを奨励し、その取り組みを支援する姿勢を示すことで、社員は組織に誇りを持ち、所属意識を高めることができるでしょう。

思考力が磨かれるなどの効果がある

自己啓発には、思考力が磨かれるなどの効果があります。自己啓発は、新しい知識や情報を得る機会を提供し、新たな話題に触れることで、脳が新しいつながりを形成し、思考の柔軟性が向上します。また、自己啓発は問題解決能力を高めることに貢献します。新しいアイデアやアプローチを学ぶことで、問題に対する多角的な視点をもつことができます。これにより、より効果的な解決策を見出す能力が向上します。

有名スタートアップのCxO・幹部になるには?

有名スタートアップのCxO・幹部になるには?

800名以上の幹部を送り出してきたBNGは、スタートアップ業界では圧倒的な存在感のあるエグゼクティブサーチで30代後半から40代後半までのキャリアアップ成功事例が多数あります。BNGへの無料登録であなたにマッチしたオファーが!

自己啓発のデメリット

自己啓発のデメリットは、以下の通りです。

  • 費用対効果が分かりにくい
  • 即効性が低い
  • 会社が過剰に介入すると従業員のストレスになることがある
  • 自己啓発が体力的な負担を生むことがある
  • 実務が置き去りになる可能性もある

それぞれについて解説します。

費用対効果が分かりにくい

自己啓発のデメリットは、費用対効果が分かりにくい点にあります。たとえば、投資した費用と実際の成果との関連性が明確でない場合があります。また、新しいスキルを身につけたとしても、そのスキルが具体的な業務にどの程度役立つかを正確に評価することはむずかしい場合があります。

即効性が低い

新しいスキルや知識を身につけるには、学習やトレーニングに時間が必要です。また、自己啓発に取り組んだからといって、必ずしも成果が得られるとは限りません。個人の能力や取り組み方、外部の状況などさまざまな要因が影響するため、成果が不確実な場合があります。

会社が過剰に介入すると従業員のストレスになることがある

会社が自己啓発を支援することは素晴らしいことですが、過剰な介入は従業員にストレスを与える可能性があります。従業員に自己啓発を促す際は、一方的であったり、過度な期待をかけることがないように配慮することが重要です。従業員がプレッシャーを感じることなく、自己啓発を楽しめる環境を提供することが大切です。

自己啓発が体力的な負担を生むことがある

従業員のプライベート時間が減少し、体力的な負担が増える可能性があります。自己啓発に時間を割くことで、仕事や家庭の責任を果たす時間が減少し、睡眠不足や休息不足といった問題が生じる可能性があります。

また、自己啓発のためにプライベート時間が削られることで、従業員はストレスを感じる可能性が高まります。時間的な余裕がない状況は、心身の健康に悪影響を与えることがあります。

実務が置き去りになる可能性もある

自己啓発に熱心な従業員は、自らの成長やスキル向上を大切にしていますが、会社の目標や業務の優先順位とのバランスを保つことも重要です。たとえば、営業職であるにも関わらず簿記の勉強をすることで経理に関する知識を得ることは素晴らしいことですが、営業成績が落ちるほど勉強にのめり込むことは好ましいことではありません。本来の業務に支障をきたさないよう注意が必要です。

スタートアップのCxO/幹部になって責任に見合う報酬を!

スタートアップのCxO/幹部になって責任に見合う報酬を!

登録者数40,000人突破したBNGエグゼクティブサーチでは、スタートアップのCxO/幹部になって責任と成果に見合った報酬を獲得したキャリアアップ事例をご紹介しています。コンサルタントへ...

自己啓発の手法

自己啓発の手法は、以下の通りです。

  • 業務関連性のある資格取得
  • 通信教育
  • 読書
  • スクール
  • 兼業や副業

それぞれについて解説します。

業務関連性のある資格取得

業務に直結した資格取得は、従業員のスキルや知識を向上させ、仕事の成果に直接的な影響を与えることができます。人事部門が衛生管理者や社労士の資格を取得することは、従業員の健康管理や労働法の遵守に役立ちます。

衛生管理者は職場の衛生管理や安全対策を担当し、社労士は労働関連法令や労働トラブルの解決を支援します。また、総務部門が行政書士の資格を取得することは、企業の法務関連業務を遂行し、特に株式関連の法務業務に精通することが期待されます。行政書士は企業の法的なリスク管理やコンプライアンスの確保に貢献します。

通信教育

通信教育は、従業員が自宅やオフィスなど、自分に合った場所で柔軟な時間に学習できる方法です。そのため、仕事や家庭との両立がしやすく、通勤時間や移動時間を有効に活用できます。また、通信教育プログラムには、テキスト、オンライン講義、動画、練習問題など、さまざまな学習資料が含まれています。これにより、従業員は複数の方法で学習を進めることができます。

読書

良書を読むことで、新たな知識や情報を得ることができ、業界のトレンドや最新の研究成果など、幅広い分野の知識を身につけることができます。また、自己啓発書やビジネス書など、自己成長に役立つ書籍を読むことで、従業員は自己理解や自己改善につながる洞察を得ることができます。

スクール

スクールに通わせることで社員の自己啓発を後押しする方法もあります。スクールでは、専門的な知識やスキルを学ぶことができます。たとえば、ビジネススクールでは経営やマーケティングに関する知識を、専門学校では仕事に関連するスキルを学ぶことができます。

定期的に授業が行われるため、学習に集中しやすい環境が提供されます。また、同じ目標をもつ仲間と一緒に学ぶことで、モチベーションが高まり、学習効果が向上します。

兼業や副業

従業員が本業に加えて追加の仕事や活動を行うことで、新しいスキルを磨いたり、追加の収入源を確保したり、キャリアの幅を広げたりすることが可能です。ただし、適切な労務管理をする必要性があります。本業以外にエネルギーを使いすぎないように社員を見守ることが大切です。

スタートアップのCxO転職の面談とフォローのリアル

スタートアップのCxO転職の面談とフォローのリアル

スタートアップへの幹部転職支援に豊富な実績を持つBNGエグゼクティブサーチでは、スタートアップのCxO/幹部にキャリアアップした方々の豊富な口コミを公開しています。自分のキャリアをベンチャーで活かしたいと思った方は、こちらから!

企業ができる自己啓発の促進法

企業ができる自己啓発の促進法は、以下の通りです。

  • 書籍代やスクール代などの資金援助
  • むずかしいプロジェクトへのアサイン
  • フィードバックする文化を作る
  • 自己啓発するための場所を作る

それぞれについて解説します。

書籍代やスクール代等の資金援助

従業員が自己啓発のために必要な書籍やスクールに参加する際に、費用の負担を軽減することで、彼らの自己成長を支援します。これにより、従業員は自らの能力やスキルを向上させ、業務におけるパフォーマンスを向上させることができます。また、資金援助は従業員のモチベーションや忠誠心を高める効果もあります。

むずかしいプロジェクトへのアサイン

企業ができる自己啓発の推進法として、むずかしいプロジェクトへのアサインがあります。従業員にとって新しいスキルや知識を習得し、成長するチャンスを提供します。難易度の高いプロジェクトに参加することで、従業員は自己の能力や挑戦力を試し、成果を出すことで自信をつけることができます。また、新しい知識やスキルを身につけることで、従業員のキャリアの発展を促進し、企業全体の競争力を高めることにもつながります。

フィードバックする文化を作る

企業ができる自己啓発を推進する方法として、フィードバックする文化を作る方法があります。従業員に対して定期的なフィードバックを提供し、成長の機会や改善点を示すことは、自己啓発を促進する効果的な方法の一つです。

フィードバックを通じて、従業員は自身の強みや成長のポイントを把握し、さらなるスキルや知識の習得に向けた方向性を見出すことができます。またフィードバックを受けることで、従業員は自己評価を行い、自己啓発の意欲や目標を明確にすることができます。このようなフィードバック文化を育成することは、従業員のモチベーションやエンゲージメントを高め、組織全体の成果に貢献します。

自己啓発するための場所を作る

従業員の自己啓発を促進するために、会社のスペースを提供する方法があります。会議室などが空いているときは、予約することで活用できるような状態にする方法です。従業員が気軽に読書ができる場所や、仕事に必要な勉強をできる場所を提供しましょう。このような環境を整えることで、従業員が気軽に自己啓発に取り組めるよう支援し、企業が従業員の成長を重視する姿勢を示すことができます。

あなたの職歴。スタートアップ企業の幹部候補かも

あなたの職歴。スタートアップ企業の幹部候補かも

現在の会社でキャリアを積んできそろ転職したいと思っているそこのあなた、スタートアップ幹部への転職を検討してみませんか?スタートアップのCxO/幹部にキャリアアップした成功者5名の実例から、スタートアップでの成功に必要なスキルや考え方、そして克服すべき課題などを学びましょう!

まとめ

自己啓発とは、従業員が自己の成長や能力向上を目指すために行う取り組みを指します。企業が自己啓発をサポートすることで、従業員の成長やスキルアップを促進し、組織の競争力を高めることができます。

自己啓発の手法としては、通信教育や読書、スクール、兼業や副業などがあります。「転職を通じて自己成長をしたい」とお考えの方は、まずはBNGパートナーズへ相談してみてはいかがでしょうか?

BNGパートナーズは、CxO人材やハイクラス転職に特化した転職支援サービスです。転職希望者の経験や描くキャリアに沿った、最適な支援を実現します。スタートアップへの転職を成功させたい場合には、BNGパートナーズの採用支援サービスをぜひご活用ください。

将来はCxOで活躍したいと考えている方へ

 監修者

人事コンサルタント
髙橋弘樹

約10年の人事労務・採用経験を持ち、製造業や自動車メーカーのグループ企業など4社で活躍。キャリアアドバイスや人事・労務・採用の幅広い実績をもつ。現場での第一線の経験を活かし、充実したキャリアの構築を支援している。