スケールメリットとは?メリットと注意点、具体例を解説

「スケールメリットとは、どのような意味なのだろうか」

「スケールメリットには、どのようなメリットや注意点が存在するのだろうか」

と気になりませんか。

スケールメリットは、企業規模拡大で得られる経済的な効果のことを指します。規模が大きくなることで、固定費の割合が低下し、競争力が向上するなどの効果を期待することができます。

今回は、スケールメリットのメリットや注意点、具体例について解説します。

スケールメリットについて気になる方はぜひ、最後まで読んでいって下さい。

スタートアップのCxO/幹部になって責任に見合う報酬を!

スタートアップのCxO/幹部になって責任に見合う報酬を!

登録者数40,000人突破したBNGエグゼクティブサーチでは、スタートアップのCxO/幹部になって責任と成果に見合った報酬を獲得したキャリアアップ事例をご紹介しています。コンサルタントへ...

スケールメリットとは?

スケールメリットとは、企業や組織が規模を拡大することで享受する経済的利点や恩恵のことです。規模の拡大により、生産や運営に関連するさまざまなコストが低減され、効率性が向上します。これにより、企業や組織は競争力を高め、利益を最大化することができます。また、生産性向上や企業や知名度向上といった効果も期待できます。

シナジー効果とスケールメリットの違い

スケールメリットは、ビジネスや組織の規模が大きくなることで得られる利点や恩恵を指します。製造や販売などの業務を大規模に行うことで、固定費が低減されるために生じます。たとえば、大量生産によって1つあたりの製造コストが低くなるなどです。

一方、シナジー効果は、異なる要素が組み合わさることで生まれる相乗効果を指します。組織の合併や異なる事業の統合などで見られ、新たな価値や利益が生まれます。単純に要素を足し合わせるよりも、大きな効果が得られる点が特徴です。

スタートアップのCxO転職の面談とフォローのリアル

スタートアップのCxO転職の面談とフォローのリアル

スタートアップへの幹部転職支援に豊富な実績を持つBNGエグゼクティブサーチでは、スタートアップのCxO/幹部にキャリアアップした方々の豊富な口コミを公開しています。自分のキャリアをベンチャーで活かしたいと思った方は、こちらから!

スケールメリットで得られる効果

スケールメリットで得られる効果は、以下の通りです。

  • 生産量を拡大できる
  • 原材料を安価で調達できるようになる
  • 知名度を獲得することができる
  • 経営の効率化ができる

それぞれについて解説します。

生産量を拡大できる

生産設備の余裕があっても、販路が多く確保できなければ、限られた販売店舗や地域にしか商品を供給できません。しかし、スケールメリットを活用し販路を確立することにより、商品を多くの販売先に供給することができます。

これにより、同じ生産設備を利用しつつ、需要の拡大に応えることが可能です。さらに、多様な販売ルートを確立することで、顧客層の多様化にも対応できます。

原材料を安価で調達できるようになる

大量生産によって、発注主の企業は大口の原材料注文を行うことができるため、供給業者も大口注文を受けることで生産効率を向上させ、原材料の単価を引き下げることができます。つまり、スケールメリットは需要の増加に応じて原材料のコストを削減し、企業がより低コストで製品を生産することを可能にします。

知名度を獲得することができる

スケールメリットの効果は、企業や製品の知名度の向上に大きく貢献します。多店舗展開によって、ブランドや商品がより多くの人々に認知される機会が増えます。広告宣伝活動やマーケティング戦略も大規模に展開され、市場における企業の存在感が高まります。その結果、顧客の信頼や忠誠心が向上し、競合他社に対する優位性が生まれます。

経営の効率化ができる

複数の企業を統合することや、企業同士の連携を強化することで、業務の重複を削減し、運営の合理化が図られます。類似の業務を担当している複数の部門や子会社を統合することで、人員や設備の効率的な活用が可能となります。

また、共同購買や共有サービスの導入によって、コスト削減が実現されることもあります。これにより、企業はより効率的な運営が可能となり、競争力の向上や持続可能な成長を実現できるでしょう。

あなたの職歴。スタートアップ企業の幹部候補かも

あなたの職歴。スタートアップ企業の幹部候補かも

現在の会社でキャリアを積んできそろ転職したいと思っているそこのあなた、スタートアップ幹部への転職を検討してみませんか?スタートアップのCxO/幹部にキャリアアップした成功者5名の実例から、スタートアップでの成功に必要なスキルや考え方、そして克服すべき課題などを学びましょう!

スケールメリットの注意点

スケールメリットの注意点は、以下の通りです。

  • 管理が複雑化する
  • 従業員同士のコミュニケーションが難しくなる
  • 仕事を標準化することで創造性が損なわれる
  • コストが増加することもある
  • 市場変化への適応が遅れる

それぞれについて解説します。

管理が複雑化する

スケールメリットを追求する際には、製品や原材料などの管理が複雑化する可能性があります。大量の製品や原材料を取り扱う場合、供給源の多様化や調達の効率化が求められますが、これには複数の取引先との交渉や契約、物流の調整など多岐にわたる作業が必要です。

また、製品の品質管理や安全確保のための規制順守も重要となります。これらの課題に対処するためには、効率的な調達システムや在庫管理システムの導入、信頼性の高いサプライヤーとのパートナーシップの構築が必要です。

従業員同士のコミュニケーションが難しくなる

スケールメリットの追求には注意が必要であり、企業規模が大きくなると従業員同士のコミュニケーションが難しくなる傾向があります。大規模な組織では、従業員の数が増えると共に部門やチームが細分化され、情報の伝達や意思決定プロセスが複雑化します。このため、従業員同士のコミュニケーションが円滑に行われなくなり、情報共有や意思統一が困難になることがあります。さらに、組織内でのコミュニケーションの不足や誤解が、業務の効率性や品質に影響を与える可能性があります。

このような問題に対処するためには、適切なコミュニケーション方法の確立や情報共有の仕組みの整備が必要です。また、組織文化の醸成やリーダーシップの強化によって、従業員間の信頼関係や協力関係を促進することも重要です。組織全体でのコミュニケーションの促進と、従業員の意識向上を図ることで、スケールメリットを最大限に活用しつつ、組織運営の効率化を図ることが可能となります。

仕事を標準化することで創造性が損なわれる

スケールメリットを追求する際の注意点の一つは、仕事を標準化することで創造性が損なわれる可能性がある点です。大規模な生産や運営のために、作業やプロセスを標準化することは効率化につながりますが、同時に個々の従業員の創造性や柔軟性を抑制することがあります。

作業現場が標準化された手順やルールに縛られることで、従業員の自主性や独創性が損なわれ、新たなアイデアやイノベーションの発想が阻害され、組織全体の競争力や成長が制限される恐れがあります。

この問題に対処するためには、標準化されたプロセスと柔軟性を両立させる仕組みを構築することが重要となります。従業員に対して十分な自由度や裁量を与え、新しいアイデアや改善提案を積極的に受け入れる風土を醸成することが必要です。

さらに、組織全体でのコミュニケーションや協力を促進し、個々の従業員が自らの役割や貢献を理解し、主体的に活動できる環境を整備することも重要です。このようなアプローチによって、スケールメリットを追求しつつも、組織内の創造性やイノベーションを促進することが可能となります。

コストが増加することもある

単純に企業規模を拡大していくと、労務費や光熱費が増大する可能性があります。機械の数を増やすとそのまま電気代などのコストが増えます。機械によっては、待機電力が生じるという問題もあり、稼働していない間は電源を落とすなどの対策が必要となります。

労務費に関しては日本は解雇規制が厳しく、人員を多く採用した後に何らかのトラブルで売上が落ちたとしても、すぐに人員を減らすことはむずかしいでしょう。

市場変化への適応が遅れる

大規模な組織は、重厚な構造を持つと意思決定プロセスが煩雑になることがあります。このため、市場が変化した際に、迅速かつ柔軟に対応することが難しくなる場合があります。

市場で求められる製品が変化しても、すぐに大量生産できないといった問題があります。スケールメリットを活用する企業は、市場の変化を見極め、迅速かつ柔軟に対応するための体制や手順を整備することが重要です。

有名スタートアップのCxO・幹部になるには?

有名スタートアップのCxO・幹部になるには?

800名以上の幹部を送り出してきたBNGは、スタートアップ業界では圧倒的な存在感のあるエグゼクティブサーチで30代後半から40代後半までのキャリアアップ成功事例が多数あります。BNGへの無料登録であなたにマッチしたオファーが!

スケールメリットの業種別具体例

スケールメリットの業種別具体例は、以下の通りです。

  • 製造業
  • 小売業
  • 飲食業
  • 教育業
  • 運送業
  • 人材業

それぞれについて解説します。

製造業

製造業は、スケールメリットを最大限に活かすことができる業界です。工場や機械の設備投資などの固定費は、一度の投資で多くの製品を生産することで、1製品あたりの固定費が低下します。生産量が増えるほど、1製品あたりの固定費の負担が軽減され、製品単価を下げることができます。

また、大量生産によって、生産ラインの効率が向上するのはもちろん、同じ作業を繰り返すことで作業者の熟練度が上がり、生産効率が向上します。さらに機械化を推進し無人のライン数を増やすことで、人件費削減も期待できます。

小売業

小売業におけるスケールメリットは多岐にわたります。まず、大規模な小売業者は大量仕入れを行うことができます。これにより、単価が下がり、仕入れコストが低減します。低コストで商品を仕入れることで、競争力を維持し、消費者に魅力的な価格で商品を提供できます。

また、大規模な小売業者は複数の店舗を展開することで、店舗ごとの固定費を分散させることができるほか、ブランドの認知度や顧客ロイヤルティの向上にもつなげることもできます。大規模な小売業者は、広告やマーケティング活動に多額の予算を投入することができ、ブランドイメージを高め、新規顧客を獲得しやすくなります。これらの要因が組み合わさることで、小売業者は競争優位性を確立し、成長することができます。

飲食業

飲食業のスケールメリットは、小売業に近いものがあります。大規模なチェーン店は、食材や原材料を大量に仕入れることができるため、仕入れコストを削減できます。また、多店舗展開によりブランドの認知度が高まり、顧客の獲得や顧客ロイヤルティの向上にも繋がります。また、各店舗間での統一された運営や管理体制により、効率的な業務プロセスや人材の活用が可能になります。

教育業

教育業界でも、スケールメリットは重要な役割を担います。大規模な塾などの教育機関は、多くの生徒や学生を受け入れることができ、効率的に教育サービスを提供できます。これにより、生徒や学生の数が増加し、収益も増えます。また、受け入れた生徒が優れた実績を出すことにより、その知り合いが塾を紹介するといったような効果を生むこともあります。

運送業

運送業のスケールメリットは、大量輸送によるコスト削減と効率的なルート計画、そして大口顧客との有利な取引条件です。また、先端技術の導入や高いブランド力による信頼度向上も重要な要素です。これらが組み合わさり、運送業者の競争力を高めます。

人材業

人材業界では、スケールメリットが重要な役割を果たします。大規模な人材紹介会社は、多くの求職者と企業をマッチングさせるために広範なネットワークを持ち、効率的にサービスを提供できます。これにより、求職者の登録数が増加し、企業とのマッチング機会も拡大します。また、大規模な企業はブランドイメージを高めるために広告宣伝に投資し、市場での競争力を強化します。これにより、信頼性や知名度が向上し、顧客の信頼を得ることができます。

スタートアップのCxO/幹部になって責任に見合う報酬を!

スタートアップのCxO/幹部になって責任に見合う報酬を!

登録者数40,000人突破したBNGエグゼクティブサーチでは、スタートアップのCxO/幹部になって責任と成果に見合った報酬を獲得したキャリアアップ事例をご紹介しています。コンサルタントへ...

まとめ

スケールメリットは、ビジネスや組織が規模を拡大することで享受する経済的利点や恩恵を指します。規模の拡大により、固定費の割合が低下し、生産効率や競争力が向上するなどの効果を期待することができます。しかし、スケールメリットを追求する際には注意が必要です。管理の複雑化や従業員間のコミュニケーションの難しさ、創造性の損なわれる可能性、コスト増大や市場変化への適応の遅れなどのリスクがあります。ただし、これらのリスクを十分に理解し、適切な対策を講じれば、スケールメリットを最大限に活用し、企業や組織の競争力を向上させることができます。

業種によっては、製造業や小売業、飲食業、教育業、運送業、人材業など、さまざまな形でスケールメリットを享受することができます。

BNGパートナーズは、成長市場のベンチャー企業やスタートアップのCxO(経営幹部)求人に特化しています。業界に精通したコンサルタントが案件紹介から面接までフルサポートし、最適な提案を行います。

将来はCxOで活躍したいと考えている方へ

監修者

人事コンサルタント
髙橋弘樹

約10年の人事労務・採用経験を持ち、製造業や自動車メーカーのグループ企業など4社で活躍。キャリアアドバイスや人事・労務・採用の幅広い実績をもつ。現場での第一線の経験を活かし、充実したキャリアの構築を支援している。