ONBO(オンボ)は入社人材の想定年収の2%を毎月お支払いいただき、
入社後のフォローも行う定着成功報酬型のサービスです。
人材入社時に紹介料を一括で支払うこれまでの人材紹介サービスとは異なります。
入社後のフォローアップを行い、人材の定着と活躍の支援をいたします。
スタートアップ・ベンチャー企業から「潤沢な資金がない」
「採用したいが、費用面や退職のリスクを感じて踏み切れない」などの声を聞くことが多く、
ONBO(オンボ)がこれらの課題を解決する一助となればと考えています。

フォローアップメニュー

フォロー面談で
現状確認

入社から3カ月に1度、オンボーディング知見を持つ専任担当者が対応させていただきます。

メンター相談

上場企業のCXOなど、幹部をはじめ、
幅広い業界のスペシャリストの方々がメンターとして参画いただいております。

こまめな
アンケート調査

モチベーション等を可視化し、状況に応じてフォロー実施。企業に対してのフィードバックも実施致します。

サービス料金

想定年収の2%×24カ月払い

入社した方の想定年収の2%を毎月お支払いいただきます。
(支払期間24か月)

定着成功報酬

お支払いの途中で退職した場合、退職月以降の支払いを免除させていただきます。

ONBO(オンボ)専任メンター/アドバイザー

株式会社 識学
取締役 副社長
梶山 啓介 氏(Keisuke Kajiyama)
慶應義塾大学を卒業後、同年に大手金融機関に入行。2007年には営業支援を事業とする事業会社を設立。
副社長としてさまざまな規模、業種の企業の営業支援や営業組織の立ち上げを経験する。
その中で、識学の代表取締役社長・安藤氏と出会いがあった。
立ち上げた事業会社に識学を導入するとともに、識学の販売代理店としての機能も担う。
その後の2015年、より多くの人に識学を広めたいという思いもあり、株式会社識学が設立されたタイミングで取締役として参画され現在に至る。
IPO協会 轟 一般社団法人 
代表理事
加藤 広晃 氏(Hiroaki Kato)
一橋大学商学部卒業後、公認会計士試験合格と共に、大手監査法人に入所。
上場企業を中心とした法定監査、IPO&VC監査、IFRSアドバイザリー、価値算定業務等に従事。
2013年より広告系ITスタートアップ企業に上場責任者として入社し、世界8拠点の経営管理体制構築とともに2015年、東証マザーズ上場を実現。
2017年、メディア系ITスタートアップ企業に入社後、取締役就任し、2018年12月、東証マザーズ&福証Q-board重複上場を実現。
2021年、日本初の上場確度スコア"IPO Todoroki Scoreを通じてIPOを啓蒙すべく、IPO協会 轟 一般社団法人を設立。共著「IPOをめざす起業のしかた・経営のポイントいちばん最初に読む本」(2020年9月)を出版。
ベルフェイス株式会社
取締役執行役員 CTO兼CPO
山口 徹 氏(Toru Yamaguchi)

2003年よりソフトウェアエンジニアとしてキャリアをスタートし、複数のIT企業にてテックリードおよびエンジニアリングマネージャーとして活躍、多くのプロダクトに関わる。
2009年よりモバイルゲーム開発・配信を主業としつつ、SNS運営や電子商取引サービスなどをマルチ行うインターネット関連企業に参画。
システムアーキテクト領域における専門役員や事業本部システム部長を歴任する。
2020年12月にベルフェイス株式会社に入社後、CTO兼CPOを兼務しながら、2021年4月より同社取締役執行役員に就任。現在に至る。

ONBO(オンボ)サービス動画

ONBOに関するお問い合わせ

株式会社BNGパートナーズが提供するONBO(オンボ)に興味を持って頂きありがとうございます。
お電話からの相談も承っておりますので、ご希望される方は以下までご連絡ください。
※営業活動はご遠慮ください。

アップロードしています。少々お待ちください。