転職された方

株式会社BAKE
オンライン事業部
春山佳久様

志「海外と日本国内の架け橋になる」
広告営業、起業、外資ITサービスの日本法人立ち上げ等、国内外のマーケティング分野に携わる。日本のものづくり×ITの可能性を感じて転職へ。

採用された企業

BAKE
株式会社BAKE
代表取締役
長沼真太郎様

株式会社BAKE Website
長沼氏の実家である北海道の洋菓子店をバックグラウンドに、「お菓子にもっと新しい価値を」というミッションを掲げるお菓子のスタートアップ企業。ITの活用、積極的な海外展開などでスイーツ業界に新風を起こし続ける。

 

YOSHIHISA HARUYAMA

転職を考え始めた頃、以前利用したことのあるBNGから連絡。他者にない面白い求人が多かったので相談することに
お菓子という日本が誇れる「モノ」と「IT」で、世界で勝負できると直感
面接

BAKE

急成長に伴い、「マネジメント」「グローバル」「IT」をキーワードに募集
要件をすべて満たしつつ、同じ北海道出身であり感覚を共感できたことが決め手に

MATCHING

内定 条件調整

入社

オンライン事業部にて、新規事業立ち上げからマネジメントまで、ITに関わる業務を一手に引き受ける
春山さんの加入より、ITおよびマネジメント面が強化され、組織としてより大きく成長できる体制に

BAKEがグローバルで羽ばたくための、
「IT」という翼を一手に担う

外資ITの日本法人立ち上げやご自身での起業など、日本から海外へ、
海外から日本への両フィールドで活躍されていた春山様。
急成長中の「お菓子のスタートアップ」BAKE社に参画することを決めたきっかけとは?

「日本のITが世界へ出るには”モノ”ベースが強い。それに気づいて視界が開けた」

−春山様の現在の業務を教えてください。

春山様:BAKEのオンライン事業部で、「スイーツ×IT」をコンセプトに、お菓子に新しい価値を提供するチームをマネジメントしています。今のメインは、写真ケーキをインターネットでオーダーできるサービス「PICTCAKE」のオペレーション効率化と、それから新規事業の立ち上げですね。後者はまだまだプランニングの段階ですが。

長沼様:私がストアや組織全体の方を見ていて、オンラインは完全に春山に任せしてる状態です。とはいえオンラインだけではなく、ストアのIT化、例えばPOSのシステムなども見てもらっています。ストアは今どんどん海外進出してるところなので、IT関連の連携だとかその辺も。

春山様:PICTCAKEのカスタマーサポートチームのマネジメントもしています。お客様に喜んでいただけるケーキを、できるだけ早く、ミスなくお届けするというミッションに、オペレーションからサポートまでチーム一同であたっています。注文サイトも今、UI等を改善してリニューアル中です。

※現在サイトはリニューアルされています。
PICTCAKE

−春山様が、BAKE社に関心を持たれた経緯は?

春山様:前職は旅行業界の外資の日本法人をやってたんですが、日本発、海外の展開ができないか考えてました(笑)。そのタイミングで樋田さんとお会いしたんです。

樋田:春山さんはIT業界でカントリーマネージャーもされて、起業もされてきた方なんですが、一方で日本から海外にITで攻めていく限界というのを感じてらっしゃいました。

春山様:なぜ日本のインターネットビジネスがなかなか海外に出て行けないのかずっと気になっていて、ある時気づいたんです。日本人は「いいモノを作る」んですね。サービスよりも、自動車とかラーメンとかいった分かりやすい「モノ」がある方が世界に出やすいだろうっていうのが、僕の中で腑に落ちました。
それに、何社かご紹介いただいていましたが、外資ITサービスに関しては前職までにやってたこととあまり変わらなくて。日本法人立ち上げて、日本のお客様が喜んでくれて、で?その先は?って思ってしまったんですね。そんな時ちょうど樋田さんからBAKEのお話を聞いて。お菓子という「モノ」があって、かつITにも力を入れているということで、これは世界に出られるだろうなって直感したんです。

樋田:春山さんは正直引く手数多だったので、僕が紹介するというより、春山さんが興味ある会社さんでお引き合わせしますっていうスタンスでした。一方でBAKEさん側のリクエストは、デジタル周りを一括でお任せできて、ご自身のアイデアにITを生かすことができて、さらに海外に強みがある方。その全てを深いレベルで経験されている方はなかなかいらっしゃらない中で、春山さんはドンピシャでした。さらに経営も理解されてる点が大きかったですね。

長沼様:当時は一気に人が増え始めたタイミングで、マネジメントがしっかりわかる人材が不足していました。樋田さんにお伝えしていたキーワードは「マネジメント」「グローバル」「IT」で、春山は本当ドンピシャだったんですが、さらに北海道出身だというところが最終的な決め手で。北海道の良いものを、若者の感覚と掛け合わせて面白いブランドを作り、国内外に出していきたい。そこがすごくわかりあえたんですね。そこからはもう、強くお願いしましたね。

「全てを経験されている人材はなかなかいない中で、春山さんはドンピシャでした」
「北海道の良いものでヒットコンテンツを作りたい。北海道出身同士、そこがすごくわかりあえた」

−これから一緒に成し遂げていきたい志についてお聞かせください。

長沼様:我々がやりたいことはすごく明確で。北海道を背景として、今までのお菓子にプラスアルファの価値を与えて、ストアとオンライン問わず、ヒットコンテンツを作って、海外日本問わず出していく。BAKEを面白くしているのはITなので、ITに関するあらゆることをいろいろ引っ張ってもらいながら、一緒にやっていきたいなと思ってます。

春山様:僕の方は、とにかくまずはオンライン事業部の売上比率をどんどん拡大させていくことですね。そして新事業を年内に立ち上げる。それがある程度達成したら、海外にもきちっと事業展開したいです。僕、前職では1か月に1度くらいは海外出張に行ってたんで、飛行機乗らない方が逆におかしくて。今はもう3か月くらい飛行機乗ってないので、そろそろ(笑)。ただ、日本のスイーツ業界に貢献しないサービスであれば作る必要がないと思っているので、新事業に関してはまず日本ありきで考えています。
それから、BAKEは今本当に急成長しているんですが、僕はその成長を大人数で補うのはあまりセンスがないなと思っていて。日本、いや海外のスイーツ業界にあれだけのインパクトを与える会社がこれだけの少人数でやってるんだ、ってことを僕は押していきたい。そのキーになるのはやっぱりITなんですよね。例えば、各店舗の経営状況をview化して、かつ経営陣がすぐ判断できる状態にする。PDCAサイクルに乗せて、ABテストして改善したところもすぐわかるように。そういったことって、なかなかスイーツ業界ではできてないんですよね。今まさにBAKEがそれをやろうとしているので、僕がサポートできたらなと思ってます。

春山様のこれからの志
・PICTCAKEのオペレーションを海外展開する可能性を探る・ITを活用したPDCAを確立し、BAKEの拡大をサポート・新事業の年内立ち上げ
BNG partners Bake Inc.

担当コンサルタント樋田より

BAKEさんという未来のある会社に、春山さんという優秀な方をご紹介できたので、これからの展開がとても楽しみです。
世界をとっていける会社さんだと思います!

他のStoryも読んでみませんか?

ご登録・お問い合わせはこちら

  • 転職をお考えの方へ
  • 人材をお探しの経営者様へ
Service 私たちが提供する価値

あなたの志を加速させる コンサルタント紹介

コンサルタント紹介トップへ
Column 志を知るコラム

馬鹿の話をしようじゃないか 楽しき志のススメ

馬鹿の話をしようじゃないかトップへ